2014年08月13日

エボラ出血熱

スペインの司祭が、リベリアでエボラ出血熱に感染し、
死亡したことで、エボラ出血熱が世界的な流行の段階に
入りつつあると考えられるようになりました。
富士フィルムホールディングスが開発したインフルエンザの
薬がエボラ出血熱にも効くことがわかって、WHOは、
未承認の薬も容認すると決定しました。今のところ、
西アフリカで感染は1848人、死者は1013人となっています。
posted by デア・フライシュッツ at 18:50| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする